FC2ブログ

goldwood  

「調和の森」行き「バランスの丘」経由

ホーム > アーカイブ - 2020年06月

憂いから喜びへの変換作業は続く

terada2282.jpg



世界的に売れてる芸術家が自分でデザインしたマスクをつけて
しゃべってた。

それがどういうことかってことを考えてしまうと。。。

ため息。

そういう人たちがいる世界に興味を持てなくなってから、もう30年が経っている。
いや、もっとかも知れない。

早いな~。

何も進化してないじゃん。

自分がね。





    スポンサーサイト



    未来の話より今の製作

    terada2281.jpg


    頭の中が忙しい日が続いていました。
    少し整理がついてきて、気持ちの落ち着きを取り戻し始めています。
    今日は、集中して作業ができたことで更に心が鎮まりました。

    汗と木の粉で身体がベタベタになる季節に突入していますが
    そうやって製作できることに幸せを感じます。

    みなさまも、お身体に気をつけてやって下さい。






      不自然な考えは自然の中へ

      terada2205.jpg


      意識的に作られたものは
      無意識の世界に歩み寄り
      調和を図らなければならない

      僕たち人間も自然の一部だから
      不自然な世界の中だけではストレスが溜まる

      自然に触れて不自然さに気付く
      そして
      不自然な考えは自然の中へ







        自己を越えた自由

        terada2145.jpg


        差別
        噂話
        ゴシップ
        いじめ
        人をジャッジすること
        僕たち人間は
        そういうのが大好きで
        そういうことに快感を覚える

        悟りでも開かない限り
        無くす事は無理なのだと思う
        でも
        減らすためにできる事は
        沢山ある
        そこを考えて
        生活の中で実践あるのみ

        他に
        質の違う快楽があることを知り
        そちらに目を向ける



        集団がヒステリーになればなるほど
        僕たちが望まない世界に向かう
        コロナも差別もタバコも大麻も…何から何まで
        また同じやり方で物事は決められていく
        突き進んでいる方向に不穏な空気
        政治利用される有名人の発言やSNS…

        踊らされるのでなく
        自らダンスを (踊れないけど)

        自らの人生を自分で決められる自由を望む



















          Air order

          terada2083.jpg
          Stand / sycamore . rosewood



          天井から吊るすことなく展示できるスタンドを製作し
          新たな1点になったところで、再納品させてもらいました。
           
          こういうものを作って欲しいというオーダーではなく
          色々とあった流れの中で自主的に製作したものでした。
          それが、結果として喜んでもらえて良かったと思っています。



          オーダーだったかのように
          望まれたものとして受け取ってもらう
          人も材も
          関わった全てが立つ
          それは
          理想の形






            [ 2020/06/06 09:51 ] オブジェ  Object | TB(0) | CM(0)

            モビール×ペンダント

            terada16129.jpg
            Pendant× Mobile / rosewood . bloodwood . african blackwood . ebony


            このペンダントの貰い手が決まりました。

            インスタのストーリーに動画をあげたところ、お問い合わせを数件いただきました。
            初めに、譲って欲しいと言って下さった方の元へ旅立ちます。

            僕は、作品を買って下さる方々のお陰で今を乗り切れています。

            感謝。