FC2ブログ

goldwood  

「調和の森」行き「バランスの丘」経由

ホーム > アーカイブ - 2017年08月

モンゾの猫と碧い星

9609.jpg


9611.jpg


9600.jpg
モンゾ・パープルハート・ブラックウッド・シルバー・ガラス




もくぺれ×GALLERY Kino
腕を振ってお招きします





    スポンサーサイト



    [ 2017/08/21 22:40 ] オブジェ  Object | TB(0) | CM(0)

    good timing

    10197_20170817191714bd7.jpg



    昨日また材を燃やしに行った
    13日に燃やしきれなかった材もすっかり灰となりました

    写真の状態から
    更に燃やしていきました
    ここからが長かった~
    風を送り 炎を復活
    それを何度も何度も繰り返しながら


    合わせた訳ではなかったのですが
    燃やした日付を見たら
    迎え火と送り火の日でした
    ちょうど良かった









      盆のバラ

      10186.jpg



      この日は特に戦死した祖父のことを想います

      しっかりと自分を生きなさい

      祖父がそう言っている様な気がする















        present moment

        10116.jpg




        過去を並べ
        振り返り
        未来に繋げようとしてる訳ではなく
        あくまで今この時を整理している

        時間軸を越えた所にあるものを見て
        源泉からの声に耳を傾ける
        それは
        治し
        癒し
        現時点を平安にする作業なのです














          lifemask

          101541.jpg


          101611.jpg



          heal yourself





















            No food

            10150.jpg


            10153.jpg


            日が暮れ始めてから思い立って廃材を燃やしに行った
            小雨降る中
            持っていった材の半分位燃やした
            綺麗に灰になるまで見届けた

            途中サルの群れがこちらに興味を持ったけど
            バーベキューじゃないってことをすぐに理解したようで
            ただ横を通り過ぎて行くだけだった













              ONの着せ合いなしがE

              10121.jpg


              恩を着せない
              恩を忘れない
              それだけでいい間柄
              ONE





                犬の知ったことではない

                10124.jpg


                10123.jpg


                10124.jpg



                たまに知ってる顔をする






                  明日また

                  10112.jpg


                  ささやかな楽しみの大きさを知る









                    整理整頓の夏

                    10104.jpg



                    作業机がこの場から無くなって
                    この場所で自分が作業していた現実が
                    すでに薄れ始めてる

                    作業場を片付け始めて3週間ぐらいは経ってます
                    最初はどこから手をつけたらいいのやらと途方に暮れながらでした
                    毎日少しづつの積み重ねで片付いて来てはいますが
                    まだまだです

                    色んな人の思惑があって動き始めたこの流れ
                    それぞれに計画があり
                    それぞれに
                    こうしたい ああしたいって思いがある
                    関わる人それぞれの立場になって考えるより
                    それぞれが自分の思いを通したいし
                    忙しくて人のスケジュールを気にする余裕もない
                    全体が幸せを感じるやり方があるんじゃないかって考えたけど
                    話は外で決まっていた

                    最初そういった状況を心から受け入れられずにいた時は
                    振り回されてる感があったけど
                    受け入れることが出来てからは
                    後はやるしかなくて淡々とやってますし
                    かえって転機を作ってくれてる周りに感謝してます

                    自分自身が薄れて消えない様に
                    自分を生きないといけません

                    それにしても今日は暑かったな~














                      Our boat Our life

                      10089.jpg
                      acrylic on canvas 2000



                      立石の横にゴロンとなって
                      しばらくボケ~
                      内に平穏を取り戻す

                      現実って言われる社会
                      そこだけではストレス溜まります

                      内に広がる空間
                      そこは植民地でもなく
                      奴隷もない
                      しかも多くの人と共有し共振できる
                      個を越えていくってのが何よりいい
                      フェイクが台頭することはなく
                      リアルは決して埋もれない

                      自分以外の人の内側に広がる空間の中にお邪魔して
                      癒されることもありますが
                      都会のお洒落なカフェなんかとは比べられない心地よさ

                      内に平穏の地を持てたら
                      現実も捨てたものじゃなくなるはず
                      地に足をつけて
                      今を生きるとしましょうか






                        10101.jpg
                        acrylic on canvas 2001







                          from east

                          10092.jpg
                          acrylic & oil on canvas 1998



                          10094.jpg






                            脱ぎ置いて行く

                            10076.jpg
                            紙にペン


                            ずっと前に描いたものばかりアップしてないで
                            今の絵をって思いますが
                            それよりも
                            もう少し先まで歩きたいと思います






                              振り回す人と振り回される人

                              10077.jpg
                              紙にペン



                              歳とって回転に弱くなりました
                              遊園地のティーカップとか見るだけでもうダメです
                              今は落書きでもこういうのは描きたくないな







                                scrap and build

                                10072.jpg
                                1993年 oil on canvas



                                パッパッパッパー
                                パラッパッパー
                                パラッパッパーパー
                                パッパラパーパー

                                廃棄して
                                再構成
                                そして
                                パーラパラパラッパラッパ
                                パーラパラパラッパラッパ






                                  またこの景色

                                  10080.jpg
                                  紙にペン



                                  過去に描いたヴィジョンの中に入り込んで行きたいものです
                                  ただ眺めてるだけじゃ…ね







                                    いたる所にある

                                    10075.jpg
                                    紙にペン



                                    いつ頃描いたのか覚えてないけど
                                    ボツにした絵の束の中にあった一枚
                                    ここにも入り口があった