FC2ブログ

goldwood  

「調和の森」行き「バランスの丘」経由

ホーム > アーカイブ - 2013年04月

光と風と影

6768.jpg






    スポンサーサイト



    言葉のない世界

    6781.jpg

    波と風の音
    それだけで十分な時間
    言葉なしでコミュニケーションもバッチリ






      ハートに落ちる

      667102.jpg


      腑に落ちる瞬間って気持ちがいいと思いませんか!?

      腑に落ちない事の多い世の中だと思っているからこそ味わえる!?
      知らない事が多いし、知りたいと思うから味わえる。

      この先まだまだ、腑に落ちる瞬間があるんだろうな。
      楽しみだ。




        グラーの羽根

        6691.jpg



        欲しがらず与えようと心掛け
        心の奥にあるものを引き出して
        一つ一つ答えていきたいとおもう



          Transポルト2 ~雲の丘~

          transポルト2 007
          Transポルト2号機 ~雲の丘~
          翼幅 W-64.5㎝  2013年


          transポルト2 001
          胴体はウォールナット  階段を下りて展望スペースへ!
          木はアフリカ黒檀にシルバー  宇宙の木!?
          羽根は南米産のサティーネ  光沢がある材です。
          黄色い木はイエローハート  煙突?アンテナ?がある。住まいか?


          transポルト2 003
          胴体先端部内には宇宙が拡がっているようです。
          その下には丘と雲。

          丘は緑色の材パロサント  木目をきれいに出しています。
          雲はシカモア  可動するから右見て左見てGO!
          雲の体はカメルーン産の黒檀  丘に座って一休み。     
          パープルハートのキューブは大切な荷物、ギフトかな?


          transポルト2 005
          Transポルト1号機を持ってくれている平井さんからのオーダーで制作。
          ストーリーが広がり始めて一気に完成に向かったのですが、それまで時間がかかってしまいました。
          じっくり完成を待っていてくれた平井さん!
          ありがとうございました。


          transポルト2 004

          クリエイターの平井家のみなさま!新たなストーリーを創っていって下さ~い!




            グラフィックデザイナーされてる平井さんがブログにteradaの作品を掲載してくれてます。
            http://www.posit06.com/hideki_hirai.html

            Transポルト1の記事はコチラ
            http://tacasi.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

            久久の羊


            羊天使0001


            そのまえに羊の姿でこんにちは、ありがとう。





              イシキノレベル



              6664.jpg


              新学期、改めて自覚し決意すること多々ありです。
              勇気をもって急ぐことなく上げて行きたいと想います。




                ここに在るから



                6669.jpg


                僕たちはすでに持っているのだから
                あえて得る必要もないのかも知れませんね。




                  ヒスイカズラ

                  ヒスイカズラ


                  6646.jpg




                    ダンデライオンとの出会い

                    6636.jpg


                    今までタンポポはタンポポでしかなかったのですが
                    今日初めてダンデライオン(ライオンの歯)という
                    名称がふさわしいと思えたのでした。





                      1から10より0から1

                      6560.jpg


                      作品制作の上で、しばらく足踏み状態続いていましたが、ようやく1歩だけ前に踏み出せそう。
                      0から1の難しさを改めて実感です。




                        胡蝶蘭、その個性に1歩引いてしまう、そして引き寄せられる。