FC2ブログ

goldwood  

「調和の森」行き「バランスの丘」経由

ホーム > アーカイブ - 2012年12月

ALA

ala 003
ala ~片翼~
使用材/ブラックウッド・本黒檀・サティーネ・パープルハート
チャケットビガ・イエローハート・シルバー


ala 001
役割を担い


ala 002
光の方へ





    2012年皆さまありがとうございました
    スポンサーサイト



    冬の無題

    aobastreet02.jpg


    aobastreet03.jpg









      mosnake

      こどもに絵を描いてあげることよりも

      こどもに描いてもらうことの方が圧倒的に多い


      昨日 ヘビの絵描いてもらいました







      歩く多面体


      5729.jpg

      多面体が歩いているのを見たことがありますか?



      多面体

      多面体が歩いているのを見かけたことがある

      ある街で見た

      ある街とは 僕が良く散歩するお気に入りの街

      沢山の面で構成された塊に足が生えていて

      2本足だったか4本足だったのかは忘れたが

      とにかく街を歩いていた 

      それは僕にとってとてもリアルな光景だった











        好きな動物はラッコとナマケモノ



        5664.jpg

        来年早々に納品するものが今日までにほぼ出来上がった

        他に年内中にやらなければならない仕事がいくつかあるので早く終わらせて

        しっかり休みをとりたい

        娘も仕事納めを待ってくれている








          limbs

          limbs001.jpg

          たまの休日

          姉や弟は友達付き合いが多く家を空けることが多かった

          僕は1人こたつでゴロンとしていることが好きだった

          たとえクリスマスの日であっても


          「あんたは何処へも行かないのか?」

          決まって祖母や母にそう聞かれた

          その質問に対して2言3言 言いたいことはあったけれど

          面倒くさくて

          「ん”~」とだけ答えてゴロゴロを静かに満喫していた


          何十年も前の話でした




            limbs02.jpg
            使用材/カメルーンエボニー.パープルハート.シルバー


            limbs04.jpglimbs03.jpg

            calm down

            5607.jpg

            来年早々に納品するものがあるので毎日作業です

            急ぎのオーダーから順番に制作しています

            回りのあわただしいの雰囲気にのまれることなく

            心静かでいたいものです




              グラナディラの丘

              グラナディラの丘04
              グラナディラ(ブラックウッド) k-18 k-10 シルバー 24号

              グラナディラの丘03グラナディラの丘02グラナディラの丘


              ブラックウッドのリング

              それにシルバーを埋め込んで欲しいというオーダー

              黒い丘が宇宙になりました




                マスダカルシ 『きのえさん』展

                マスダカルシ きのえさん展03マスダカルシ きのえさん展

                いつも創ることの楽しさを教えてくれるカルシさんの展覧会

                ポジティブなエネルギーが詰まっていて人を幸せにする力を持っています

                真面目に観ようとしてる人をプッと笑わせるのがカルシさんの得意技

                でも楽しいだけでなく裏側を感じさせる奥行きが魅力です


                これからの時代

                必要とされる作家の1人だと思っています


                あと2日間で終わってしまう!

                お勧めです

                マスダカルシ きのえさん展02
                http://karusi.info




                  continuation

                  個展goldwood09

                  多くの方に支えられて制作を続けられているということを

                  改めて強く実感させてもらいました


                  遠方から足を運んでくれた方

                  通りがかりでギャラリーに入ってくれた方

                  感動してくれた方

                  励みになる言葉をかけてくれた方

                  ワインやお菓子それから綺麗な花を持ってきてくれた方

                  作品を購入して下さった方

                  オーダーで頼んでくれた方

                  ありがとうございました

                  展覧会に行くにも スケジュールを合わせガソリン代や電車代や駐車場代がかかります

                  師走の忙しい中のご来場に感謝しています



                  個展を企画していただいたギャラリーパンプキンの杉山さんや

                  家族 そして姿は見えないけれど大きな支えになっている存在にも感謝です


                  制作続行です

                  頂いたものを少しづつでも還元していきたいと思っています

                  ありがとうございました




                    寺田高士個展 Gold Wood 終了

                    個展goldwood08


                    今夜 感謝の言葉しかありません

                    心からありがとうございました






                      1day more

                      個展goldwood06

                      お客さんの数は少なかったのですが 今日もとても充実した一日でした

                      遠くから車をとばして来てくれた方

                      引き寄せられて入ってくれた方

                      忘年会の前に寄ってくれて 言葉を使わず「がんばれよ」と背中を押してくれた方

                      挙げたらきりはなく…


                      ありがとうございました



                      18日個展最終日です



                      個展goldwood05





                        2 days more and more

                        leading.jpg

                        個展も残すところあと2日間です

                        今日までのところで

                        「作ることをもう少し続けてみなさい」そう言ってもらえている様な気がしています

                        そして もう少し続けて行けそうです

                        個展に来て下さった方々に毎日 感謝

                        ありがとうございます



                        個展スタートして以来作業していませんでしたが今日久々に作業しました

                        汚い作業着を着て1人になる時間はとても落ち着くのです




                          Drophead

                          個展goldwood04
                          今日のぞいていたのは緑だった



                          個展2日目も感謝の1日でした

                          批判されたり攻撃をされる分には大丈夫なのですが

                          やさしさにはかないません


                          「買えなくてすいません」「観るだけでごめんね」と言ってくれる方が

                          いらっしゃいます

                          気を遣って頂けてありがたいのですが大丈夫です

                          時間を作って足を運んで頂けたことに感動しています

                          ありがとうございます


                          本日土曜日5時頃からギャラリーの計らいでレセプションをして頂くことになっています

                          飲み物やちょっとした食べ物を用意してお待ちしています

                          どうぞいらしてください




                            Gold Wood 始まりました

                            個展goldwood01
                            始まりました 

                            個展goldwood03
                            ここでやってます

                            個展goldwood02

                            ギャラリーパンプキンをはじめ 家族はもちろんのこと沢山の方のお蔭で無事スタート

                            初日から 沢山の喜びをいただき感謝しています






                              始まります

                              20121212_5514.jpg





                                明日のオープン前に多少やることを残していますが

                                ギャラリーパンプキンの杉山さんのご協力で大体の展示の準備が整いました

                                今日の段階で感謝でいっぱいです

                                このブログ閲覧してくれている方にもです

                                始まる前に ありがとうございました!


                                寺田高士個展 Gold Wood

                                開催場所は静岡市の中心市街地にあるギャラリーで

                                イルミネーションが綺麗な青葉通りと飲み屋の多い両替町通りの交差する場所にあります

                                買い物ついでや散歩ついでにでも お気軽にお立ち寄り下さい

                                お待ちしています

                                魔法キレル

                                20121208_5362.jpg



                                展覧会の準備で作品制作以外にやらなければならないことが沢山残っています

                                もう時間がないにもかかわらず まだ制作のことしか考えられない状況

                                平行して同時進行しようとするけれど出来ません


                                食事も子供のころから三角食べが苦手でした

                                ひとつひとつです


                                コーラスという映画のサントラ流して作業してます

                                癒されます

                                展覧会のBGMで使いたい


                                そういえば 今日久しぶりの頭痛でした

                                とうとう魔法が切れたか!?




                                  展覧会前の不思議

                                  5264.jpg

                                  肩こり 頭痛 腰痛 けんしょう炎

                                  展覧会前に限らずいつもどこかの痛みを我慢しながらの作業が当たり前でした

                                  仕事柄しょうがないと思っていました  情けない…

                                  それが10月ぐらいから どこも痛くならない!

                                  「あれ、今日も肩こってない」「そういえば(慢性的な)頭痛もしばらくない」

                                  そんな感じで 毎日不思議に思って2ヶ月位は経ちます

                                  こんなことはこの10年間を振り返ってみても無かったと思うのです

                                  去年も一昨年も冬の展覧会前は特にひどくて湿布だらけになっていたのに

                                  現在は湿布一枚も使ってません     …じいさんの自慢か


                                  不思議です

                                  何が起こったのだろう?

                                  とにかくありがたい 感謝です


                                  展覧会ギリギリまで作業になりそうです

                                  これがいつまで続くかは分かりませんが

                                  体を大切にしなくてはいけませんね




                                    地球人の1人として

                                    20121202_5322.jpg







                                      年々 理解を求めるより理解を求められる機会が増えています

                                      「理解してほしい]といっているより「理解して」と言われている方が

                                      精神のバランスがとれるようで 自分にはいい



                                      作品も理解を求めるものではなくなってきたと思っています

                                      役に立つか分からないけど 何かを提供させてほしい

                                      社会に少しでもコミットしたいと言う思いも多少あります 多分…




                                      soon

                                      2012_12月寺田高士個展DMout

                                      terada dm




                                        もうすぐです

                                        よろしくお願いします


                                        gold wood

                                        20121129_5245.jpg


                                        今やっていることが価値あることだと信じたい

                                        どこかの誰かにいい影響を及ぼすものであると信じたい


                                        それを信じることがひとつの支えです