FC2ブログ

goldwood  

「調和の森」行き「バランスの丘」経由

ホーム > アーカイブ - 2012年11月

掌は漆黒の宇宙

20121127_5193.jpg




    インパクトのある大きな作品を一点だけでも制作したかったけれど余裕はありませんでした

    観て感じてもらうことを目的にしたインスタレーション(空間全体を作品とする手法)も

    やりたかったけど もっと無理

    今は そういう時期ではないようだし 何れ出来る時が来るでしょう

    出来なくても大した問題じゃないし


    タイミングは完璧


    今日も 掌の中で宇宙を表現したくて四苦八苦

    木材から出る渋で 作品でなく掌が漆黒の宇宙になる


    プレゼントする気持ちを忘れないように

    誰かの笑顔を想像しながら

    出来る限り丁寧に 制作しています





    スポンサーサイト



    natural born

    20121124_5163.jpg




      人はみな生まれながらにクリエイター

      特に小さな子供たちは それを教えてくれますよね

      創ることは全くもって特別なことではないと思っています

      「自分自身が創造主」である

      誰もがそれを思い出した時

      必要ない仕事 物が沢山出てくるでしょう

      僕がやっていることもそこに入るのかもしれません

      そんな時代を期待していますが

      大切なのは ”今”です

      支えてくれる人や家族に向けて

      観てくれるお客さんに向けて

      明日も創ります




      Let go

      20121118_5120.jpg





        手放す

        過去の価値観を手放す

        こうでなければならないという思い込みを手放す

        手放すものはまだまだある

        時に勇気をもって手放す

        望む場所へ行くために手放していく



        It is up to You

        drop s


        気付きの雫が落ちてくる

        そろそろ夜が明けようとしているのか?

        それも 僕たち次第 か





          深い記憶と無条件の愛



          ”いいな”と”欲しい”は違いますよね

          ”いい人”と付き合いたい人”も違いますね

          代えがきく物 きかない物

          すぐに飽きてしまう物と飽きのこない物の違いはなんでしょうね

          拡がっていくモノがあれば萎んでいくモノもある

          中身の無いものもあれば時空を孕んでいるものもある


          心から本当に欲しいと思えるものって実用品じゃなかったりします

          そんな欲しいと思うものを 人に提供できたら言うことないのですが…

          claddagh.jpg




            68億分の1の声

            パープルハート

            個展まで残りひと月きりました

            頑張ればいい作品が出来るという訳ではないですが

            時間とエネルギーを注がなければ作品は完成していきません

            ほどほどに肩の力を抜いて 引き続き 制作です

            これからどんなものが生まれてくるのか自分にも分かりません

            計画性のなさに不安はありますが

            楽しむ ワクワクするをキーワードにやれば大丈夫でしょう

            「おい、おい、どこ行くんだよ!」

            「しょうがない!こっちに行きたくなった、従うしかないだろ!」

            1人の中で こんなやりとり…

            生まれてくるべきものが生まれてくる

            それが楽しんで見てもらえる作品であることを信じたいと思います

            成り行きに従う勇気も必要か…


            一番大切な扉を開くために 他にある扉を出来る限り閉めていかないと…





              背中で受取る

              光


              ドドドドドドドド

              それはグーにした拳で小刻みに背中を叩くように入ってきた

              体が振動して多少驚いた


              体調少し良くなったみたい


              夢うつつであしからず…






                 

                秋日和

                fall.jpg


                甥2人の七五三のお祝いで一緒に神社へ行き

                ビデオカメラを持って撮影係

                夕方はギャラリーのレセプションへ

                どこへ行っても 色んなものがキラキラとしていて

                会った人みんなが いい顔をしていた

                作業していても 面白そうなモノ出来そうな気がしてワクワク


                気持ちのいい一日でした




                  Dawn by drop

                  drop-ph.jpg





                    今日 作品一点完成

                    それから12月の展覧会用のDMのデザインを速攻で決め

                    新作に取り掛かる

                    時間が経つのが おそろしく速く感じる

                    遅く感じるよりいい



                    今夜も就寝前に精神のセンタリングが必要

                    空っぽになって 時間を忘れて

                    遠くから送られてくるものをキャッチ

                    夜が明けることを信じよう

                    [ 2012/11/10 01:32 ] オブジェ  Object | TB(0) | CM(0)

                    散歩Sunday

                    treehouse.jpg20121104_4824.jpg





                      江川野智典×海野まなみ 2人展

                      egawanounno2人展20121108_4881.jpg


                      江川野さんと海野さん 表現のアプローチの仕方は異なりますが

                      2人の作品からは共通して 柔らかさ やさしさ 温かさが感じられます

                      そしてどちらも仕上げが綺麗!

                      ワイングラスやコップなどは使う人のことを思い

                      ジュエリーは身につける人のことを想像し制作されています

                      主張し過ぎることのないデザインには品があり欲しくなる

                      大きさも控え目なものが多いですが しっかりと個性を発揮していて

                      存在感あります

                      ガラス 天然石 金属 それぞれの素材は魅力を引き出され

                      調和のとれた空間の中で凛として存在します

                      素敵な作品たちが 出会いを待っています



                      お勧めです





                      20121107_4878.jpg

                      20121107.jpg





                        近くて遠い街へ

                        20121101_4821.jpg


                        好きな街がある

                        立体的で路地が多く地図を描くのが難しそうな街

                        深夜その街を歩くのが好き

                        近代的な街なのに澄んだ透明感

                        ワクワクする感じと安心感

                        その街が放出する光が心地いい

                        誰にも教えたくない秘密の街

                        これからちょっと行ってきます

                        その街のどこかに僕の一部分がありそうな気がする