FC2ブログ

goldwood  

「調和の森」行き「バランスの丘」経由

ホーム > アーカイブ - 2012年07月

Bloodwood ~サティーネの指輪~

satine heartring
bloodwood(サティーネ)



satine.jpg



”自分が喜ぶ”喜びと

”喜ばれる”喜び


先日 ”喜ばれる”喜びに溢れた一時があり 幸せを感じました




    Tファミリーの皆さま、ありがとうございました!






     

    スポンサーサイト



    アプローチ

    アプローチ
    アクリル 2000年




      引き寄せる

      引き寄せられる




      Black&Blood

      グラナディナ ハート
      blackwood(アフリカ黒檀)
      4.7×3.2㎝  2012



      サティーネ ハート
      bloodwood(サティーネ)
      4.5×3㎝  2012







        淡紅enlighten

        薔薇3





          とどのつまり

          楽観的で明るいのがいい

          それから

          いつも笑顔を忘れないことも大切







          focus.jpg




          Foooocus

          肯定の丘

          アクリル 2000年
          acrylic on canvas
          0号(18×14㎝)
          2000年



          それぞれの波動

          それぞれの現実

          それぞれの選択



          君は羊と出会った

          羊は君と同じバイブレーションを持っていた

          君と羊は同調し

          君は群れとなった




            parallel

            parallel.jpg

            並行して存る世界




              Voice ~調和の森から~

              球舎
              acrylic on canvas
              2000年



              変化し続ける柔軟な翼と

              変わらない普遍の翼が欲しい

              左右非対称でも構わない

              バランスよく飛ぶために

              支点となる信念体系が重要だ

              何を信じ 何処に向かうか

              選択は自由

              信じるもの 方角も定まって来た

              なんだか楽しそうだ




                「ちょっと待って、まずは 自分自身の価値を認めることが重要です。

                 自分の価値を認めないのは傲慢です。」

                サティーネの丘から

                サティーネの丘から02
                使用材/サティーネ・シカモア・ピンクアイボリー
                    ハードメープル・アフリカ黒檀・シルバー
                高さ H-35㎝


                サティーネの丘から04


                サティーネの丘から05
                風を受けて回転します


                サティーネの丘から01




                  サティーネの丘から06
                  [ 2012/07/17 23:17 ] オブジェ  Object | TB(0) | CM(0)

                  意識の花

                  薔薇2


                  すでに目覚めている人がいるというのに

                  僕は 目を覚ます意欲ばかりで

                  まだ半分寝た状態だ

                  誰かに起こしてもらおうか

                  ナマケモノに起こされるのもいいかもしれないな!



                  薔薇

                  自分が何者なのかを思い出し

                  すでに本当の自分を知っている人がいるというのに

                  僕は まだ半分ぐらいしか思い出せていない

                  「私、何者ですか?」

                  猫にでも聞いてみるか!







                    今日の太陽 過去の寸陰

                    黄空赤




                      迎え火

                      迎え火2
                      迎えるために火を灯す



                      20120713_3488.jpg
                      灯る



                      20120713_3489.jpg
                      音をたてて通り過ぎて行く



                      20120713_3493.jpg
                      降りて来ない



                      迎え火
                      もう一度 迎え火



                      heart on heart-2
                      もう来てます






                        Pumpkin 2 ~織と編~

                        パンプキン2-02


                        パンプキン2-01


                        パンプキン2-03

                        JR焼津駅南口 線路沿いの道を歩いてすぐ!


                        TOMO工房さんの籐のバッグは、革部分の加工やバッグの内布の縫製も全て1人の
                        手作業です。
                        手間と時間を惜しまず作っているので、数も沢山はできないというのも納得。
                        グリーン、黄色、ピンクなどのパステルカラーの籐バッグもあって、とても涼しげで
                        いい感じ!バッグの内側には、しっかり内ポケットもあって機能性もあります。
                        この夏持ちたいと思えるものが、ここで、見つかるかもしれません。


                        染織作家の宮井喜久子さんは、糸を紡ぎ、染色し、機織り機で織りあげる作家さんです。
                        タペストリー、ストール、バッグなどの作品は芸術性が高く、ストール、バッグも壁に
                        掛ければ、絵画として成立し、部屋の空気を心地良くする力がある作品です。
                        宮井さんの作品も魅力的ですが、作家の宮井さんも素敵な人ですよ。


                        ギャラリーパンプキンの新しい展示スペース

                        パンプキン2

                        是非、行ってみて下さい!




                          お問い合わせ先
                          ギャラリーパンプキン
                          パンプキン2
                          054-261-4503

                          ウォールナットのリス 制作過程-1

                          リス制作過程
                          ウォールナット材



                          リス制作過程-2
                          胴体と頭を切りぬいた



                          リス制作過程-3
                          だいぶ削った



                          リス制作過程-4
                          リスっぽくなったけど… まだまだ続く



                          ウォールナットのリスは これが2体目(1体目は以前ブログに掲載しています)

                          図面がある訳でもないし 木目の流れも違うから

                          2体目というよりは”初めて作る”そんな感覚で制作しています



                          また 画像アップしたいと思います













                            [ 2012/07/10 23:10 ] オブジェ  Object | TB(0) | CM(0)

                            引かれるがまま

                            矢印-1
                            従ってみる



                            カモメが飛ぶ通路
                            導かれてみる



                            ジャングルジム
                            上ってみる



                            MO-01
                            何がみえる?




                              Heartface ~パロサント~

                              heartface-palosanto-7.jpg
                              使用材/パロサント・カメルーンエボニー(黒檀)・ピンクアイボリー
                              翼幅 W-73㎝



                              heartface-palosanto-5.jpg



                              heartface-palosanto-1.jpg



                              楠に吊るす(ハートフェイス-パロサント)
                              楠に吊るす



                              受ける風が なにを孕んでいるかで 動き方が違ってくるような気がする


                              動くモノより

                              動かす存在


                              風に気をとられ

                              より風を意識する





                                リュウ丘/流

                                リュウ丘-9
                                使用材/リグナムバイタ・本黒檀・スネークウッド・シカモア・サティーネ



                                リュウ丘-5



                                リュウ丘-7



                                リュウ丘-12



                                楠に吊るす(リュウ丘)
                                楠に吊るす



                                風に乗るように動いてました

                                うらやましい




                                  誕生の時

                                  誕生の時
                                  am 1:25


                                  7月4日は娘の誕生日

                                  沢山の方々からの温かい愛情 協力のお蔭で

                                  さらに成長し また1つ年を重ねることができました

                                  最高の喜びです


                                  本当にありがとうございます

                                  深謝