FC2ブログ

生活の中で  In the Quiet Life goldwood  

「調和の森」行き「バランスの丘」経由

ホーム > カテゴリー - 生活の中で  In the Quiet Life

2.27 face and heart

terada0775.jpg



いろいろとごめんなさい

そして

いつもありがとうございます


今日伝えたかった言葉です


terada 2.27










    スポンサーサイト



    修理

    terada0810.jpg


    10年近く前に製作したハートのモビールが
    修理依頼で送られて来ました。

    修理を済ませ、磨き直して作品はリフレッシュ。
    そして、僕自身も生き返った気分になりました。

    過去の作品の修理は
    自分自身の修理でもあるのかもしれません。

    修理の度に
    そう思う。












      モチベーションを保つ僅かな望み

      terada0533.jpg



      他者のエゴを満たし
      自己のエゴを満たす

      それだけだったら
      完全に終ってます


      かろうじて続けているのは
      それだけではない人間関係があるからです

      僅かですが
      そこの縁に支えられています











        閉鎖的な人柄を上げていく

        terada_0736.jpg



        まだ誰にも教えてないのですが、インスタグラムの2つ目のアカウントを作って
        そちらにも写真を上げています。
        そちらの方も最近の写真は少なく、このブログに上げた過去の古い写真が多いので
        ここでも、遠慮してお伝えする事を控えさせてもらいます。
        とはいえ、簡単に繋がってしまう世界です。
        もうご存知の方もいるのかもしれませんね。

        暫くやってみて、自分に合った向き合い方も見えて来ました。
        やっぱり、フォロアーの数や、いいねの数は無視がいい。
        プライベートの人間関係は満たされているので、無駄に増やすことを望んでいません。
        されどもありますが、たかがSNS,そしてただの写真で皆も過去を上げている。
        写真を見てるようで、見ているものは別の物。
        作品の良さを本気で伝える場所じゃないのかなって思ってます。
        積極的に、そして消極的でいきます。
        ドアの数は増やし、オープン状態でいながらも
        中途半端な関係を拒む空気感を出しながらやっていきたいと思っています。

        そういえば、先日
        「人間好きですか?」って質問されました。
        答えは、大好きです!





          これってキレイ事なの?

          terada0637.jpg


          日用品や食べ物は後回しで
          綺麗なものがあればそれで幸せ

          余裕がない時ほど
          そんなことを言いがち

          そういう考え
          ほどほどにしとかないと
          とも思ってます



          ※現在、ホームページが閲覧できなくなっています。
           復旧しましたら、報告させていただきますので
           よろしくお願い致します。











            警告

            terada0534.jpg



            昨夜、帰宅して自分自身を見て
            あまりの薄汚れた感に驚いた。

            白髪が目立ち始めた髪に、木の粉がフケの様に散りばめられ
            無精ひげの疲れた顔は貧相で
            くたびれた服の配色が茶系だったのが、裏目に出てた。

            「普通に汚いオッサンだな。」

            人と会う機会が少ないとはいえ
            気をつけなればいけません。

            あまりに無頓着過ぎた。
            こわい、こわい。。。





              風をみる

              teradaIMG_0280.jpg



              自分で投げて
              自分がキャッチする
              1人でできる遊びですが
              それは上手く投げられたらの話
              久しぶりに投げたので
              失投も多く
              飼い主が投げたものを取りに行く犬の気分を味わいました

              ブーメランは
              風の影響を大きく受けます
              1人で遊べるものですが
              たえず風をみて
              投げる方向
              角度
              強弱を変えなければなりません
              強風でもダメだし無風でも難しいんです
              (素人の個人的経験からの意見です)

              木目と向き合う生活の合間に
              風をみる時間というのもいいものでした
              せっかく近くに広い場所があるのだから
              無理にでも時間作ってまた投げに行きたいと思ってます


              ※ちなみにブーメランは今の仕事の原点なんですよ








                火起こしの日々

                teradaIMG_0130.jpg




                火起こし期間も長くなりますが
                なかなか火がつきません
                火がつかないことには始まらないことが多いから
                まずは火をつけるしかありません

                原点の0地点にいることは
                悪くはないと思っていますが
                現代社会の中では生きづらさは感じます

                できることなら本気の原点回帰で
                縄文時代から始めたい





                  Memory

                  teradaIMG_0056bw.jpg

                     ・
                     ・
                     ・
                  Daylight
                  I must wait for the sunrise
                  I must think of a new life and
                  I mustn't give in
                  When the dawn comes
                  Tonight will be a memory too
                  And a new day will begin
                     ・
                     ・

                  明け
                  日の出を待つ必要があります
                  私は新しい人生を考えなければなりません
                  私は屈してはいけません
                  夜明けが来るとき
                  今夜も思い出になる
                  そして、新しい日が始まります
                     ・
                     ・

                  ちょうど今、CATS上映してますが、
                  その中でも有名な曲のMemoryを改めて耳にし、歌詞がいいなって思った。
                  それで以てGoogle翻訳で訳してみたのですが・・・、何か違う・・・。

                  曲があってですね。







                    0→1everyday

                    terada0303(Edited).jpg
                    beyond thinking


                    気付けば日付が変わってる

                    今日は昨日になって

                    また新しい今日が始まっている

                    明日を想えるのは今日

                    昨日を思えるのも今日

                    未来も過去も今にある

                    今を生きるしかありません


                    そう言っていて思い出した昨日の作業のミス

                    今日また1から始めよう